ホーム > パムマガ > ローカル体験を国内外に広げ、地域に持続的な経済効果をもたらす事業責任者候補

ローカル体験を国内外に広げ、地域に持続的な経済効果をもたらす事業責任者候補

2020/01/31

パムグループの人事責任者より、求める人材像や入社後のキャリアイメージについてお話します。

>新卒・若手採用ページはこちら
>>その他のインタビュー記事はこちら

氏名:佐原輝哉
所属:パートナー支援チーム マネージャー

パムは2つの事業を国内に展開していきます

パムには代表的な事業が2つあり、今後展開エリアを拡大していきます。

1.たびらい&Tabirai Japan

このサービスのお客様はローカル体験大好きな旅行客の皆様です。
お客様に対して現地から旅行商品の調達と販売・観光情報の編集と発信を行い、結果として地域に集客増大を図ることが私たちのミッションです。
たびらいは国内旅行客向け。Tabirai Japanはインバウンド向けのサービスです。
来期以降も展開エリアを拡大して、国内の魅力的なローカル体験を世の中に発信・販売していきます。

2.域内メディア(ちゅらとく・温泉ぱらだいす鹿児島)

このサービスのお客様は一言でいうと「県民」です。
県内に住んでいる方が楽しめるお出かけ情報の発信と、宿泊・体験商品の調達と販売を行い、地域の魅力的なサービスを「県民」に楽しんでいただき、結果として地域事業に集客増大を図ることがミッションです。
サービスは会員制で提供しており、お客様との距離が近いことも特徴です。
沖縄で運営している「ちゅらとく」は10周年を迎えて、会員様も23万人以上となりました。
このモデルを他県に展開し、また新たな地域の皆様とサービスのマッチングにチャレンジしていきます。

全国に羽ばたく将来のエリアマネージャーを募集します

パムは現在、北海道、東京、福岡、鹿児島、沖縄に営業拠点があります。
現地主義を掲げるがゆえに、働いているパートナーも、各営業拠点で働きたいという方が中心です。
自分が好きな地域、お世話になっている地域、地元の為の仕事だからこそ、モチベーションが上がって行動量が上がる。この動機はパムの大切な原動力です。
今後の展開エリアにあわせて、同じ動機をもつパートナーを増やしていく必要があります。

例えば、

将来は東北をもりあげたい
自分の地元である中部の活性化に繋がる事業を運営したい
学生時代にお世話になった四国に恩返しするサービスを開発したい
などなど、地域で事業を運営したいという意思を持った方や、そのために実際に行動している方。

パムで様々なエリアで実際に勤務をしていただき、事業運営のノウハウを習得、成功、失敗の経験を積み上げ、5年以内には国内エリア展開、または特定のサービスの事業展開を牽引していってください。

入社1年目~5年目のキャリアイメージ

【入社半年~】担当エリアのMDとして独り立ち

まずはマーチャンダイザー(以下:MD)という仕事に携わっていただきます。旅行商品の調達と販売促進を担う役割です。
たびらい、域内メディアどちらの事業においても、MDは花形ポジションになります。
今期入社した新卒も半年以内には、自分の担当を持つだけでなく新たな商品を獲得したり、次年度の契約更新を獲得したりと活躍しています。

【入社2年~】事業貢献度を拡大する

担当事業の中で、施設や地域のバリエーションを増やす。
既存のMD領域だけでなく、リピーター獲得やLTV向上を狙う販促企画の実施で実績を作る。
担当する商品カテゴリー(宿泊・レンタカー・アクティビティ・ツアー・バスツアーなど)を増やす。
等々、自分の仕事の提供価値を拡大し続ける為に、どんどんチャレンジをしていきましょう。

【入社4年~】小規模事業の責任者に挑戦

小規模事業の責任者は、その部門の売上責任とメンバーの育成の責任を持つリーダーです。
組織の目標・個人の目標を定めて、年間の目標を達成する。
達成する為の課題を洗い出し、優先度をつけて、解決していく。
次期の組織目標を定め、組織のメンバーを引っ張っていく存在。
事業責任者になる為の事業管理・組織運営を経験します。
その経験を踏まえ、5年目以降で、事業展開にあわせて、新エリアの立ち上げをお任せします。

もちろんこれはモデルケースであり入社後の実績に応じて早まることも大いにありえますし、実際に過去にそのような事例もたくさんあります。

自分の目標に向かって行動を起こしている人と仕事をしたい

パムの経営理念はとても具体的でわかりやすく事業内容と結びついていると思っています。
面接をしていると、自分のビジョンとマッチする!と共感をしてくださる方は多数いらっしゃいます。
現地主義でサービスを作って、地域経済活性がしたいんだ、と言うパムに対し、
そもそも否定的な印象を持たれる方にはあまり出会ったことがありません。
その為、面接時に志望動機で理念の共感について話すことはあまり重要ではないな、と感じています。
そこから一歩踏み込んで、実際に自分のビジョンに対して、自ら行動を起こしているよ!努力をしているよ!というお話をたくさん聞きたいと思っています。

例えば社会人の方であれば、

  • ・地域活性の為の事業を立ち上げてみた、サービスを作って運営してみた経験が有ある
  • ・今の会社で上から与えられる目標だけでなく、独自の目標をもって行動し達成した!とか行動をしているよ!
  • ・メインの仕事とは別に、自分の将来の為に何か活動をしているよ!

という方

学生の方でしたら、

  • ・将来地元を元気にする仕事がしたいので、今地方創生に関わるゼミに入って、地域の課題に向き合っている
  • ・将来メディアを作りたいので、noteなどのプラットフォームを利用して、有料記事を書いてみた。収入を得ることを経験した
  • ・今やっているアルバイト先の売上をあげる為に、こんな取り組みをした!実際に売上が上がった、下がった!という経験をした

という方

アルバイトは考え方次第で貴重な体験ができるし、自己アピールの材料を作る機会でもあるので、ぜひ今からでも挑戦してほしいです。
行動していることは重要だなぁ、と最近常々思います。

パムにもいろいろな行動を起こしている人がいます。今回の募集をきっかけに新たな人と人との出会いがうまれ、想像してなかった化学反応が起きて、地域に影響を与える結果になると信じています。ぜひ多くの方のお話を聞いてみたいと思っています。

 

最新記事

タグ一覧