ホーム > パムについて > パムの『現地主義』

パムの『現地主義』

私たちパムは、
旅を売る場所ではなく、
旅が生まれる現地に拠点を置き、
そこでしか手に入らない、魅力的で、
鮮度の高い情報やサービスを集め、
コンテンツとして発信しています。
私たちは、このスタンスを
『現地主義』と呼び、
パム独自の考え方として
大切に育んできました。

パムの根本的なスタンス

NEIGHBORHOODなパーソナリティをもった人材

現地の友人

ユーザーにとって身近で、
頼れる存在として
魅力的な旅を発信する

ユーザーファースト

ユーザーの快適さや楽しさを最優先に
宿泊・交通・アクティビティ等の
品質を高める

民間の観光局

地域の事業者や自治体と連携し
地域の新たな魅力の発掘と
PRを推進する

他では体験できない旅の提供

パムだからできるメディア運営

地域の活性化

旅を通じた社会貢献

『現地主義』をかたちづくる5つのキーワード

ユーザーファースト

私たちが第一に掲げてるのが「ユーザーファースト」というスタンス。
それは、どの観光事業者様に対しても「中立」の立場を保ち、あくまでもユーザー様の視点に立って価格と価値のバランスが取れた旅行をご提案することで、はじめて、ユーザー様に事業者様の元へ足を運んでいただけるからです。
厳しい掲載基準を設け、「良質なサービスで共に現地を盛り上げて行く」という想いを共有していただいた事業者様のサービスだけを厳選して発信しています。

現地の友人

これから旅したい場所に、地元の人しか知らない穴場スポットや、隠れたグルメ情報を教えてくれたり、心配事や疑問に応えてくれる友人が住んでいたら、あなたの旅は、きっと、ずっと楽しい体験になるはずです。
私たちは、そんな“現地の友人”のような存在になりたいと考え、日々、試行錯誤を続けています。

民間の観光局

「観光局」とは、本来、国や行政が主体となり、その地域の観光情報をPRしていく機関です。
パムでは、旅の目的地を面白くするために、その観光局の機能を、観光・旅行ビジネスを通じて民間ならではのスタンスで果たしていこうと考え、様々なことに取り組んでいます。

NEIGHBORHOODな人材

パムでは「現地主義」というスタンスを基盤とした企業文化が根付いています。
それは、社員一人ひとりが、地域・仕事・ユーザー・事業者の皆様と近い距離感をもって日々の活動に取り組んでいるということ。
NEIGHBORHOOD(近くて親しい)な人材こそが、パムの事業を支えています。

地域の活性化

「旅の目的地」となる地域の活性化は、各地に拠点を持ち、旅をつくる私たちにとって他人事ではありません。
今ある自然や文化をしっかり保全しつつ、新たな魅力を発見し、広く伝える。
そして、その土地を愛する旅人たちを増やし、地域の経済を循環させていく。
それが、私たちの使命だと考えています。

『現地主義』に基づいた旅のつくり方

企画・編集・制作

パムスタッフ

現地に拠点を置き、
取材やリサーチを展開。
自らの体験に根ざした魅力的な
コンテンツを企画する。

協働関係

観光事業者様

パムの考え方に共感していただき、
ユーザー様にご満足いただけるサービスを
提供いただくことで、地域のファンをつくり、
地域の旅行市場を拡大する。

フィードバック

ユーザーの皆様

私たちにとって旅を楽しむユーザーの
皆様の声は、とても重要な財産。
SNSやお問い合せを通じていただいたご要望を
最大限に活かしたメディア運営を進めています。

NEIGHBORHOODな距離感で旅をつくる

ユーザーの皆様に向けて

目的地から旅を面白くする
コンテンツ・サービスを発信!

地域に向けて

地域のファンをつくり
地域経済の発展に貢献!

観光事業者様に向けて

年間を通じた旅の提案と
集客をサポート!