ホーム > パムマガ > クライアントとともに成長することが仕事のやりがい(グルメユニット営業リーダー・松尾)

クライアントとともに成長することが仕事のやりがい(グルメユニット営業リーダー・松尾)

2018/02/26

2019年4月入社・新卒採用の方に向けた特別コンテンツとして、パムの若手社員に連続インタビューをお送りします。
20代をパムで過ごす彼(彼女)らは、どのようなことを考えて、自身の成長と事業の成長に向き合っているのか。入社動機をはじめ、仕事の内容や今後のビジョンを語ります。

>>その他のインタビュー記事はこちら


氏名: 松尾 大地(ニックネーム:まっちゃん )2013年 新卒入社
担当業務:グルメユニットチーフ・営業リーダー

なぜパムに入社したのか

ー幼い頃から見てきた風景がきっかけで「地域活性化」が仕事選びの軸に

パムに入社した一番の理由は「地方の会社で、その地域のために働けること」です。
そのきっかけは、小さな頃からよく訪れていた長崎・小浜が、大人になるにつれて寂れていっているように感じたことでした。春の桜の美しさ、夏休みの海釣りの思い出など、私が知っている小浜の魅力はなかなか人に知られていないのだと感じました。小浜に限らず、日本各地に個性豊かな地域がありますが、それらを十分にPRできている地域はほんの一握り。地域に眠る魅力を、地域から発信できるような会社を探していたところ、パムに出合いました。
教育専科の大学から一般企業を受けていたため、最初は学習塾などの会社を中心に内定をもらっていましたが、やはり地域活性化に携わることを諦めきれずに会社を探していたところ、最後の最後の説明会でパムに出合ったことにも縁を感じました。

ー会社説明会で聞いた「ユーザーファースト」への共感が入社の決め手

会社説明会の場で「パムに絶対入りたい」と直感的に感じたことを覚えています。
パムは沖縄生まれの社長が、沖縄に帰って創業した会社。観光を通して地域活性化に貢献することを理念に掲げていることには、私の仕事選びの価値観とピッタリ合っていました。その中でも最も共感したのが「ユーザーファースト」という考え方です。結局のところお金を使ってくれるのはユーザー(観光客)だから、地域の人が頑張るだけ、目新しい町おこしで目立つだけではダメで、あらゆる事柄においてユーザーに根差した考え方が必要なんだと、良い意味で衝撃を受けました。
私の場合は面接地も入社後の勤務先も沖縄。福岡で生まれ育ち、沖縄には一度も訪れたことが無かったため、初の沖縄体験がパムの面接でした。今でも印象に残っているのは、那覇空港に到着する際に飛行機から見た青い海。決して福岡では見ることができない光景だなと、パムへの志望度がさらに増した気がしました(笑)内定後、遠く沖縄から面談の場、新卒社員同士の交流の場を設けてくれたため、入社に際しての不安を感じることはほとんどありませんでした。

私の仕事紹介

ー紙とウェブ。特性の異なるメディアでクライアントの集客に貢献

沖縄のグルメ関連の営業リーダーとして、紙とウェブそれぞれのメディアの運営に携わっています。観光客にとってグルメは主要な目的に一つ。地域ならではのおいしいものに出合うことで旅の満足度は向上します。また地域にとっては農漁業などの生産者から、飲食店、土産物までグルメに関する産業は非常に裾野が広く、地域経済にとって欠かすことができない領域です。
紙メディアでは沖縄全域の飲食店をまとめたクーポン付きフリーペーパー「たびカタログ」が主力。15年以上の歴史があり、パムが生み出した観光フリーペーパーの元祖的な存在のメディアです。媒体のコンセプトづくりからデザイン、制作ディレクションまで一貫して社内で対応しており、私たち営業チームは飲食店や観光施設、土産物屋さんなどに広告掲載の提案を行なっています。
現在、特に注力しているのがウェブメディアの強化。新規事業として「たびらいグルメ」という新規サービスの開発と広告商品の販売に取り組んでいます。グルメ系のウェブサービスというと後発のイメージがあるかもしれませんが、まだまだ観光×グルメサイトという組み合わせは多くはありません。元々、たびらいは豊富な観光コンテンツを揃えてきましたので、これを活用し旅先で使えるグルメサイトの定番を目指しています。

ークライアントの地元企業とともに成長・発展することが仕事のやりがい

営業として一番のやりがいを感じるのは、クライアントの課題解決・クライアントの理想の実現に貢献できたと感じられる瞬間です。
たとえば、とある泡盛メーカー様とは、観光客に泡盛を飲んでもらうことだけではなく、沖縄県外でも日常の食卓に泡盛が並ぶように長期的なブランディングしていくというプロジェクトを推進しました。ユーザーを巻き込んだキャンペーンも企画し、「たびらい」を通じて多くの沖縄ファンから反響も得ることができ、クライアント様からにも喜んでいただけました。こうした瞬間が最も仕事にやりがいを感じます。
こうした仕事に携われるのは、「たびらい」メディアを自社で運営していることが大きいです。私たちのメディアを介して、人から人へ、しかも沖縄好き・旅行好きからその周りの人へとシェアされていく。そんなパワーのあるメディアに関わっていることで自信を持つことができ、自分自身の成長にもつながっていると実感しています。

今後の目標・ビジョン

ー仲間とともにメディア価値を高められるマネージャーになること

今までは自分自身で売上を上げるために、努力をし続けてきました。入社して5年ほどを経て、自分なりに「良いメディアとは?」「価値ある提案とは?」という部分は定義づけができ始めたかなと感じています。昨年からは営業チームをまとめるチーフの役割を任されたことで、個人の成果から組織の成果へと、視野が広がってきました。次は、チームの仲間達と共にメディアの運営やクライアントへの提案を研ぎ澄ましていけるようなマネージャーになることが目標。私自身がイチ営業として社外からも提案力が評価されるようになりたいですし、それと同時に周りにも好影響を与えられるような人間でありたいと思っています。

ー生まれ故郷の福岡で働き、地域活性化に貢献し続けていきたい

もう一つの目標は、たびらいグルメを沖縄で成功させて、自分の生まれ故郷の福岡で働く足掛かりを作っていくこと。沖縄でしっかり仕組みづくりを行った後には、たびらいグルメの全国展開に着手して、私自身が福岡で九州エリアの新規立ち上げをやり遂げたいと考えています。
入社以降、沖縄に暮らしながらメディアを通じて沖縄の情報を発信してきました。どんどん沖縄に詳しくなり、好きになっていく過程で、九州だけでなく生まれ育った福岡のこともあまり知らない自分に気付かされています。入社時の初心にかえって、生まれた場所や好きな場所の魅力を現地から発信していきたい。愛着のある土地に暮らして、現地で体感し、自信を持って薦められるものをPRしていきたい。そんな仕事を日々続けて、地域活性化に貢献していきたいと考えています。

>>その他のインタビュー記事はこちら

最新記事

タグ一覧