ホーム > ニュース > 「たびらい沖縄」×「STAY JAPAN」 “民泊”で沖縄の新たな観光の魅力を創出します

ニュース

2016.07.21

プレスリリース

「たびらい沖縄」×「STAY JAPAN」 “民泊”で沖縄の新たな観光の魅力を創出します

株式会社パム(本社:沖縄県那覇市、代表取締役:長嶺由成)と株式会社百戦錬磨(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:上山康博)の100%子会社で沖縄の現地法人である、とまれる沖縄株式会社(本社:沖縄県那覇市、代表取締役:三口聡之介)は、沖縄の新たな観光の魅力を創出し、地方創生に貢献していくために、7月21日(木)から8月21日(日)まで、「沖縄やんばる民泊無料体験キャンペーン」を行います。

近年、沖縄では大型のリゾート開発が進んでいますが、リゾート滞在とはまた違った体験ができる“民泊”の普及拡大が進めば、新たな沖縄旅行の魅力が創出され、地域の観光産業全体を底上げする可能性を秘めていると考えています。

そこでパムが運営する現地発信の旅行予約サイト「たびらい沖縄」と、とまれる沖縄が運営する公認民泊仲介サービス「STAY JAPAN」が連携し、「沖縄やんばる民泊無料体験キャンペーン」を行うこととしました。これは、一般の民家に宿泊し、より日常生活に近い目線で地域に触れることのできる“民泊”の無料体験モニターを、国立公園に指定されたやんばるエリアを舞台に募集するものです。
本キャンペーンでやんばるエリアの魅力を広く発信するとともに、民泊体験をされたお客様に、より一層沖縄ファンになってもらうことを目指しています。両社では本キャンペーンの反響も踏まえて、今後の連携強化を検討してまいります。

たびらい沖縄の「沖縄やんばる民泊無料体験キャンペーン」特設ぺージ
たびらい沖縄の「沖縄やんばる民泊無料体験キャンペーン」特設ぺージ

<沖縄やんばる民泊体験キャンペーンについて>
1.応募期間
2016年7月21日(木)~8月21日(日)
2.無料体験モニター内容
「STAY JAPAN」に登録された、やんばるエリアの個性あふれる民泊宿にご招待。
古宇利島にある絶景宿「とぅるば家」、瀬底島を隅々まで見渡せる「家人寿」、ロシア人オーナーが営む「魔神のつぼ」、本部町にある琉球瓦の古民家「花ぬ元 辺名地の宿」のうち、旅行スタイルに合った宿の宿泊代とLCC往復航空券をそれぞれ1組に提供します。
※宿泊期間:2016年9月1日(木)~10月15日(土)
【二人旅 (とぅるば家)】 一泊二日
【家族四人旅 (家人寿/やーにんじゅ)】 二泊三日
【一人旅 (魔神のつぼ)】 一泊二日
【カップル・夫婦二人旅 (花ぬ元 辺名地の宿)】 一泊二日
3.応募方法
①特設ページにアクセス http://www.tabirai.net/sightseeing/special/stayjapan/
②アンケートに回答し、STAY JAPANの無料会員登録をしてください。

百戦錬磨 http://hyakuren.org/
とまれる沖縄株式会社 https://okinawa.tomareru.jp/